医療

HEALTHCARE

医療関連

医療現場においてこれまでの定点カメラ等では術野を遮られるケースが多くクリアな術野撮影が困難でしたがスマートグラスInfoLinker3を装着した執刀医の視点で術野を撮影することができます。
執刀医は術野から視線を外すことなく各種医療機器モニターを目元のディスプレイで確認することができます。また執刀医との画面共有によりスタッフ全員が執刀医目線でサポートを行うことができます。

医療関連の導入メリット

視線を外さない

術野から視線を外さすディスプレイを確認

執刀医は複数のモニタ映像を目元のディスプレイで確認することができます。
管理者PCと作業サポートでつながることで管理PC側から任意の画面を共有してInfoLinker3のディスプレイで表示することができます。

クリアな撮影

術野を遮られることなくクリアな撮影

これまで術野の映像を撮影する定点カメラでは執刀医の頭などに映像を妨げられておりました。InfoLinker3のカメラ映像は執刀医、スタッフの目線で映像を撮影することで術野を妨げることなく撮影を行うことがきます。また他社スマートグラスではカメラの回転角度が浅く術野をとらえることが困難でしたがInfoLinker3はカメラ回転角度が50度となっており執刀医が自然な姿勢で撮影を行うことができます。

執刀医目線の情報共有

執刀医の目線をスタッフに情報共有

LinkerWorksの作業サポートを使用することで執刀医の作業目線を管理者PC、InfoLinker3を装着しているスタッフに共有することができます。また院外の遠隔地にいるスタッフとも情報共有を行うことでアドバイスや指示をリアルタイムでもらうことができます。