MANUFACTURE

製造業

製造業の課題を
シームレスな作業工程で改善

製造業の主な課題として、高度・熟練技術者の確保と生産性の向上が上げられます。課題解決は必要だと認識していても、目の前の忙しさによって課題は先送りにされがちです。
この2つの課題を解決する方法として挙げられるのが、IoTの導入による作業の効率化と作業マニュアル・データの保存・共有の簡素化です。現状では、データの確認や保存を紙ベースで行う現場が多く、データに触れるたびに作業の手が止まってしまいます。
弊社のウェアラブルデバイスと各支援システムを導入すれば、先に挙げた課題の解決につながります。

製造業の課題を解決する3つのご提案

ご提案1

ハンズフリーで
スムーズに情報を確認

製造業は、常に手を動かして作業を進めます。そのため、作業工程の確認・データのメモ作業などの際、手が止まり作業がストップしてしまいます。また、タブレットPCやスマートフォンなどで情報を確認・入力するにも、作業によって手が汚れてしまっていることも多くわずらわしさがあります。
弊社が提供するウェアラブルデバイス「InfoLinker」を活用することで、画面と音声によって作業情報の確認・データのやりとりなどが手を止めずにハンズフリーで行えるのです。

ご提案2

作業データは紙ではなく
ディスプレイ上で確認

多くの製造現場では、作業マニュアル、作業データの確認、作業データの保存などを、紙ベースでおこなっています。しかし、紙ベースの運用では印刷やデータ更新作業に手間がかかる・破損が生じやすい・内容確認で作業が止まるなどの課題が山積みです。
弊社が提供するウェアラブルデバイス「InfoLinker」に「作業ナビゲーションシステム」を連動することにより、マニュアルやデータの確認がディスプレイ上で行えるため、紙で行うリスクを回避できます。

ご提案3

データの記録・共有は
クラウド上で行う

これまで主流だった紙ベースでのデータ記録は、入力する際のミスによって修正作業に手間を取られてしまう課題がありました。また手書きによる紙でのデータ管理は、重要なデータを紛失する可能性もあります。
そこで弊社が提供する「作業ナビゲーションシステム」を活用し、作業のエビデンスを自動記録することでデータ記録のミスを防ぎ、「ノウハウ共有システム」によりクラウド上に保存・共有することで安全かつわかりやすく大切なデータを扱えます。

活用するソフトウェア

製品についてのお問い合わせ
資料ダウンロード