LOGISTICS/WAREHOUSE

物流・倉庫

倉庫・物流業務の作業を
ハンズフリーでワンストップに改善

倉庫・物流業務の多くは、人の手によって行われています。倉庫規模が大きくなるほど、そこで働く人の知識や経験が重要になり、未経験者が一人前になるまでに時間やコストがかかります。そのため、人手不足になっている倉庫も多く、人材面での課題が浮き彫りとなっているのです。
また、人材不足から生産性の向上も必要とされています。しかし、熟練のスタッフでなければ倉庫で荷物を運びながら、マニュアルの確認や在庫登録を行うのでは手間や時間がかかってしまいます。
そのような現状に対して、弊社では倉庫・物流業務をハンズフリー、ワンストップで行えるソリューションを提供しております。

倉庫・物流業務の課題を解決する3つのご提案

ご提案1

直感的な作業で
業務を効率化する

倉庫が大きくなればなるほど、さまざまな商品を保管する棚が増え、配置図から担当する商品を保管するまでに手間や時間がかかってしまいます。倉庫管理業務は、少ない人数でスピーディーに行えるかどうかで生産性が決まります。
弊社が提供する、「ARピッキングシステム」とウェアラブルデバイス「InfoLinker」を連動させたソリューションを活用すれば、デバイスの画面に表示されるモニターの指示などに従い直感的な作業が実現します。商品保管前の配置図の確認が不要となり、商品棚を間違えることも少なくなるためスタッフの生産性が向上します。

ご提案2

ARピッキングで
収納と在庫管理が連動

倉庫管理業務の流れは、搬入された商品をハンディスキャナーなどで在庫登録を行い、商品を定められた棚に収めることで完結されます。倉庫によっては、倉庫に運ばれてきた商品の在庫管理や登録担当のスタッフと棚に商品を収めるスタッフが異なり、多くの人員が必要な場合もあります。
弊社が開発する「ARピッキングシステム」と、ウェアラブルデバイス「InfoLinker」を連動させたソリューションを活用すれば、商品のバーコードと倉庫棚に設置されているバーコードをマッチングすることで在庫登録が行えます。その結果、人員の削減が実現します。

ご提案3

テクノロジーによる
業務の簡素化で
人材育成のコストを抑える

弊社が提供する、「ARピッキングシステム」と、ウェアラブルデバイス「InfoLinker」を連動させたソリューションを利用することで、これまで知識と経験が必要だった倉庫管理業務が簡易化されます。
また、ウェアラブルデバイス「InfoLinker」は、目の前の光景を離れた場所と映像や音声で共有できるため、管理本部とのやり取り(指示・質問・確認)がスムーズに実現します。このデバイスで撮影した動画は、クラウド上で記録・編集が可能なため、動画マニュアルの作成・共有にも役立てられます。

活用するソフトウェア

製品についてのお問い合わせ
資料ダウンロード