RMS 遠隔作業支援システムとは

「映像・音声・文字」を使った双方向通信で、
離れた場所にいる作業者と指示者のコミュニケーションを円滑に進めるためアプリケーションです。
インターネット通信が可能であれば、海外でもコミュニケーションが可能です。

システム構成イメージ

高所・狭所・危険エリア・海外も!
通信可能ならどこでも使える

RMSはデータ通信が可能なエリアならどこでも使用できます。遠隔地の現場にいる作業者は作業の様子をカメラで撮影し、映像を他の作業者やオフィスにいる作業監督(熟練者)とリアルタイムにやりとりします。

セキュアな通信で機密情報も安心

通信内容が暗号化されるため、企業内の機密情報などのコミュニケーションも安心
●暗号化方式
公開鍵暗号RSA(2048ビット)+共通鍵暗号AES(256ビット)

映像による遠隔地とのダイレクトなやりとり

映像や音声、ペイント機能を使った画面への描き込みなど言葉だけでは伝えづらい情報を可視化し、指示をスムーズに受けとれます。また、その作業とやりとりは保存することができ、社内の貴重なライブラリにすることが可能です。

操作マニュアル
  • Windows® PC版 Ver1.0.0

    (PDF / 1241KB)

  • InfoLinker®版 Ver1.0.0

    (PDF / 1951KB)

  • Android版 Ver1.0.0

    (PDF / 372KB)