建設業

測量支援システム(建設現場)

作業工数が半分以下に!
通常2人1組で行う建設現場の測量作業を1人で迅速かつ正確に行うことが出来るシステムです。

開発背景

人手不足解消とコスト削減

システム特長

  • 音声認識によりハンズフリーで作業ができる
  • 直観的なUIでウェアラブルグラスに表示された画面表示に従い、1ミリメートル以内の精度で正確な計測地点を自動検出が可能
    1か所の測定が終わると次の目標地点が自動的にガイドされる
  • テストでは、2人1組で1時間かかっていた作業が、1人で約40分の時間でこなすことが可能に。作業工数が約6割削減された

医療機関

ライブ映像配信システム (高槻病院 整形外科)

スマートグラスで撮影した手術の術式を執刀医の視点で国内外の医療機関へライブ配信を行うシステムです。

開発背景

患者の負担が少ない新しい術式の普及向上と技術共有

システム特長

  • 執刀医の視線で確実に撮影することで、複雑で細かな術式を共有することが可能
  • 他の医療機関にいながらも、患者の症状と執刀術を学ぶことが可能となり、同様の症状を持つ患者を助けることが可能になる

警備

遠隔作業支援システム(イベント 花火大会)

⇒ウェアラブルソフトウェアパッケージ「遠隔作業支援システム」を確認する

開発背景

会場の人員誘導と整備をおこない、非常時に備えることで安全なイベント開催をサポートする

システム特長

  • 現場側保安スタッフの映像を確認して、適切な指示が可能
  • 有事の際は素早く指揮命令が可能
  • 随時リアルタイムに指示誘導が可能

モータースポーツ

ピット内情報共有システム

コンマ秒単位がカギとなるモータースポーツで、ピットクルーにチームやレース状況をリアルタイムに情報配信するシステムです。

開発背景

レース中の情報(ラップタイム、ピットインタイミング、走行位置、天候)をピットクルーにリアルタイム表示することで、レースの戦略組立を支援する

システム特長

  • ピット内の情報共有を支援
  • ラップタイムモニタリング
  • ライダー交代と燃料残量の自動計算
  • 次回ピットイン時刻の表示
  • レースの戦略補助

倉庫・物流

ARピッキングシステム

バーコードやRFIDとAR(拡張現実)を使った複合チェックによる管理システムです。

開発背景

人員配置転換による未経験者でも間違いなく確実かつ迅速に、倉庫内のピッキング作業をおこなう

システム特長

  • ARによるピッキングナビでモノを特定
  • ARによるロケーションナビで場所を誘導
  • バーコードやRFIDとARの組み合わせでミスを軽減
  • 在庫管理システムとの連動が可能