仕事が変わる、世界が変わる

ご挨拶

ウェアラブルコンピューティングのリーディングカンパニーとして

ウエストユニティスは1983年にマニュアルの企画制作スタジオ、現ウエストユニティスの前身である「テクニカルスタジオ・ウエスト」として創業。 当初はさまざまなメンテナンス用マニュアルや技術資料の制作をおこなっておりましたが、マニュアルを普通に作るだけでは成長が難しいと考え、その当時にはなかったフルアニメーションの動画マニュアルのシステムを開発するにいたりました。
これらのシステムを最大限に活用できるデバイスとして1998年にヘッドマウントディスプレイに出会い、それ以降はウェアラブルコンピューティングの事業へ乗り出しました。
長年ウェアラブルシステムの開発に注力するかたわら、日本での新規業界の立ち上げと普及啓蒙活動を行ってまいりました。

ウエストユニティスが考えるウェアラブルコンピューティングは産業用途に限らず一般ユーザーを助け、みんなが豊かな生活を送れる世の中にするために、社員一同アイデアと技術を結集し日夜努力をしております。

これからも、高い技術力とアイデアで、お客様の様々なニーズに応え、今までにないものを世の中に発信していきます。
また、既存のものに囚われない考え方で、ウエストユニティスはこれからも躍進していく所存です。

代表取締役 福田登仁

企業理念

常に時代とお客様のニーズに応えたものを創造する

会社概要

商号
ウエストユニティス株式会社
設立
1991年3月
資本金
49,550千円
所在地
〒530-0011
大阪市北区大深町4番20号 グランフロント大阪タワーA 29F

TEL:06-6375-2831
FAX:06-6375-2832

沿革

  • 1983年

    大阪市西本町にテクニカルスタジオウエスト創業

  • 1991年

    マニュアル制作会社として、有限会社ウエスト設立

  • 1998年

    新規事業企画の立ち上げ

  • 1999年

    ウエストユニティス株式会社に社名変更

  • 2000年

    アニメーションマニュアル事業開始
    中小企業創造活動促進法認定 大阪府指令商振第12-2号

  • 2002年

    中小企業経営革新支援法認定 大阪府指令商振第509-176号
    アニメーションマニュアルに関する特許取得
    ベトナム(ホーチミン)でマニュアル制作開始

  • 2003年

    大阪大学大学院西尾研究室とウェアラブルコンピューティングで共同研究開始
    鈴鹿8時間耐久レースで世界初のウェアラブルシステム導入を行う

  • 2005年

    フィリピン(セブ)でアニメーションマニュアル制作開始
    オリンパス株式会社とAR(Augmented Reality)技術で業務提携
    AR(Augmented Reality)事業開始
    AR+ウェアラブルコンピューティングの特許取得

  • 2006年

    ウェアラブルレスキューシステム開発
    遠隔作業支援システム(RMS)開発
    AR作業支援システム開発

  • 2007年

    動画マニュアル制作ソフトウェアVJS(Visual Job School)パッケージ販売開始
    ウェアラブルピッキングシステム開発
    遠隔作業支援ソフトウェアRMS(Remote Maintenance System)パッケージ販売開始

  • 2008年

    動画マニュアル制作サイトクラウドサービス開始

  • 2009年

    遠隔作業支援ソフトウェアRMS-mobileパッケージ販売開始
    動画マニュアルDB、ノウハウ共有システムのクラウドサービス販売開始

  • 2010年

    マニュアル制作事業より撤退、ソフトウェア開発事業をメインとする
    AR+遠隔作業支援システムRMS-mobile+AR開発
    センサーネットワーク用デバイス開発および販売開始(環境情報収集用)

  • 2011年

    遠隔医療支援システムの開発
    緊急医療支援システムの開発

  • 2012年

    ウェアラブルコンピューティングセット販売開始
    遠隔作業支援システム(RMS)のスマートフォン版「RMS-touch」販売開始

  • 2013年

    本社を大阪市北区大深町に移転

  • 2014年

    ウェアラブルデバイス「inforod」を発表

  • 2015年

    ウェアラブルデバイス「InfoLinker(インフォリンカー)」(inforodの後継機)を発表

    ウェアラブルデバイス「InfoLinker」販売開始

  • 2016年

    「メディカルサポートシステム」と小型軽量HMD「picoLinker(ピコリンカー)」を発表